<   2013年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

松尾ジンギスカンのお試しセット





『松尾ジンギスカン』のお試しセットなら
マトン 500g×1
上マトン 500g×1
簡易ジンギスカン鍋×1
がすべてセットになっています。

商品が届いたら後は、野菜を切るだけです。

用意する野菜も、家庭の冷蔵庫にあるもので十分です。

ニンジンや玉ねぎ、もやしやピーマン、キャベツなど好きなものを用意
しましょう。

鍋の中心でお肉を焼いて、まわりで野菜やうどんを煮るのが『松尾ジン
ギスカン』流です。

ジンギスカンから出た肉汁が、野菜やうどんにしみ込んでおいしくなり
ます。

『松尾ジンギスカン』のお試しセットには、IH調理器用 鉄鍋付がセッ
トになっているのもも用意されています。

本場の北海道で人気の『松尾ジンギスカン』を、ぜひ一度味わってみて
ください。

松尾ジンギスカン↑から

[PR]
by matuoji1 | 2013-02-28 18:06 | 松尾ジンギスカンのセット内容

松尾ジンギスカンの専用鍋





『松尾ジンギスカン』の秘伝のタレを漬け込んだ、マトンやラムを誰に
でもおいしく食べれるように、マツオは独自の工夫を凝らしたジンギス
カン専用鍋を開発しました。

ジンギスカン鍋は、南部鉄の老舗「岩鋳」製で、火の通りを巧みに調整
しながら、お好みの焼き加減を楽しめるもので、今やマツオの登録商標
となっています。

南部鉄の老舗「岩鋳」製のジンギスカン鍋は、安定した火力でむらなく、
焼き色よく『松尾ジンギスカン』をおいしく食べれることができるの
です。

また、調理した食材と一緒に鉄分も補給できるので、貧血の方や女性に
もとても喜ばれています。

この鉄鍋がジンギスカンのうまさをグレードアップさせることができた
ポイントでしょう。

松尾ジンギスカンとは

[PR]
by matuoji1 | 2013-02-25 19:29 | 専用の鍋もあります

松尾ジンギスカンのタレ





羊肉には特有の匂いがあるので、苦手だという人も多いはずです。

羊肉の本来の味を引き出す為には、これを上手に消さなくてはなりませ
ん。

この段階で手軽に使われるのがニンニクですが、その強烈な臭いは羊肉
の旨みをそこなう恐れがあります。

『松尾ジンギスカン』には、生ニンニクは使われていません。

搾りたての果汁に十数種類に及ぶ調味料やスパイスを加えた、秘伝のタ
レを開発したのです。

『松尾ジンギスカン』は、地元のりんごとたまねぎを主原料として作っ
た、独自のモミダレを使っています。

この評判のよい『松尾ジンギスカン』の秘伝のタレは、その完成の10年
を要しました。

秘伝のタレに漬け込まれた『松尾ジンギスカン』を味わってみませんか?

松尾ジンギスカンはココから

[PR]
by matuoji1 | 2013-02-22 10:55 | 松尾ジンギスカンのタレのヒミツ

松尾ジンギスカンの品質管理





『松尾ジンギスカン』に使用されている、ニュージーランドで生産され
た新鮮なマトンやラムは、徹底した品質管理のもと日本へ直送され、マ
ツオの卸センターで解体されます。

常にマツオの専任スタッフが管理し、肉の品質や安全性を厳しくチェッ
クしています。

ここにも「ジンギスカンひとすじ」の味に対するこだわりが感じられま
す。

『松尾ジンギスカン』は、工場より作りたてのうまさを直接家庭に届け
るために、配送時は基本的に冷蔵状態で送られます。

また『松尾ジンギスカン』は、昔からの製法にこだわり、合成着色料・
保存料は使用していません。

『松尾ジンギスカン』は、輸入から配送まで、徹底的に管理されている
ので安心して食べることができるんです。

松尾ジンギスカンは、おすすめです

[PR]
by matuoji1 | 2013-02-19 20:26 | 品質管理もしっかりしています

松尾ジンギスカンの考え





『松尾ジンギスカン』は、手軽な価格でおいしいジンギスカンを食べて
もらいたいと考えています。

そのために、経営者自ら世界のマトン産地を訪ね歩き、南太平洋の美し
い草原の島「ニュージーランド」に惚れこみました。

豊かな自然の中、最高の牧草を食べてすくすく育つ羊たちのなかから、
『松尾ジンギスカン』のためにと、最高品質の羊肉が厳選されているの
です。

最高品質の羊肉のために、土作りや牧草づくりにも有機農業の技術が生
かされています。

南太平洋の美しい草原の島「ニュージーランド」の羊肉は、全てヘルシ
ーでクリーンなんです。

しかも、低カロリーで高栄養価の羊肉は、現代人の食生活に うってつ
けの食材といえます。

松尾ジンギスカン

[PR]
by matuoji1 | 2013-02-17 17:43 | 松尾ジンギスカンが思うこと

松尾ジンギスカンの誕生秘話2





昭和31年3月1日に『松尾ジンギスカン』は、馬小屋を改造して、看板
もつけただけで開業しました。

しかし開店した当時は、お客さんがきてくれませんでした。

そこで、家にあるありったけの七輪をその公園に持ち込み、火をおこし
ました。

公園に出張してジンギスカンを売ってみることにしたのです。

七輪は無料で貸し出し、その上でジンギスカンを焼いてもらって『松尾
ジンギスカン』の美味しさを伝えようと考えたのです。

外で七輪でジンギスカンを焼くと良い匂いがあたり一帯に広がります。

その良い匂いにつられて「俺も」「俺も」と少しずつお客さんから注文
が入り、七輪は全て出払っても間に合わないぐらいジンギスカンが売れ
出したそうです。

松尾ジンギスカン

[PR]
by matuoji1 | 2013-02-14 11:24 | 誕生したのは

松尾ジンギスカンの誕生秘話





『松尾ジンギスカン』が誕生した秘話を紹介します。

戦後間もないころは、綿羊の肉は癖があって食べても美味しくない、捨
てるものというのが常識でした。

それが、果物や野菜を使った特製のタレに漬け込むことで、癖があって
食べられない羊肉が美味しいジンギスカンになることがわかったのです


『松尾ジンギスカン』の創業者が毎日タレのテストを行い、しょうゆの
量を増やしたり生姜を摺って足してみたりいろいろ自分で研究を行ない
ました。

そして10年後、「これならいける!」と確信できるジンギスカンが出来
上がり売り出すことになりました。

そうして売り出されたのが「松尾ジンギスカン」です。

昭和31年3月1日の創業なので、もう50年以上も前のことになります。

松尾ジンギスカンの紹介です

[PR]
by matuoji1 | 2013-02-12 09:24 | 松尾ジンギスカンの誕生は

松尾ジンギスカンは、有名です





北海道名物といえば、何を思い出すでしょうか?

カニなどの海産物、ラーメンや乳製品など多くのものが思い出されます。

今回紹介する北海道名物は、ジンギスカンです。

ジンギスカンは、今では北海道だけではなく全国で食べることができる
ようになりました。

そんなジンギスカンですが、本場の北海道でとっても有名な商品が『松
尾ジンギスカン』です。

『松尾ジンギスカン』は、北海道でほとんどの人が知っているほど人気です。

北海道札幌の大通りで1~2時間以上待っても食べたいという、お客さん
が押し寄せる人気のジンギスカン店です。

北海道で半世紀以上も愛され続けた『松尾ジンギスカン』の味を、家庭
でも味わえることができます。

松尾ジンギスカンは↑から

[PR]
by matuoji1 | 2013-02-09 09:18 | 有名なジンギスカンです

松尾ジンギスカンは、北海道で人気です。松尾ジンギスカンのおいしさなど紹介します。


by matuoji1

プロフィールを見る

松尾ジンギスカン

ブログパーツ